相続放棄の際の注意点~縁が遠い・面識がない親族

相続放棄の注意点についてです。

相続放棄については3か月という期間制限があります。

この他の一般的な注意点としては、亡くなられた方の財産に手をつける(処分する)と、相続すると決めたこと(単純承認)になって相続放棄ができなくなるということがあります。
単純承認や相続放棄は、基本的に、一度決めた後でやっぱりやめるということはできません。また、相続放棄をする際は、亡くなられた方のプラスの財産とマイナスの財産がどれだけあるか、つまり債務がたくさんあるのかを把握してから判断する必要があります。

この際、注意しておくべき点として
  
  1.縁が遠い・面識がない親族 
  2.貸金業者からの借入
  3.先代の遺産

があります。

Copyright(c) 2011 Miyakogodo All Rights Reserved.